「ハッカーへの道」近日再開

管理人の otsune さんは、僕が発行していて今ちょっと放置しているメールマガジンハッカーへの道を読んでくれていたそうで、「再開してください」といううれしいエールをもらった。

というわけで、背中を押され、近いうちハッカーへの道を再開しようと思う。今までとはちょっと違う形を考えているので乞うご期待。

それにしても http://www.chatango.com すばらしい。僕に話し掛けるには、http://jishiha.chatango.com です、とちょっとしつこく宣伝。

YukiWiki で IMS(Idea Marathon System)

http://d.hatena.ne.jp/jishiha/20040412#p1 で書いたように wikiroom.com に間借りして続けていたアイデアマラソンを、自分のサイト上で YukiWiki を使って続けることにした。

その方法を以下で紹介している。

YukiWiki で IMS(Idea Marathon System)

また、YukiWiki で IMS をおこなうために作成した YukiWikiプラグイン counter.pl はこちら。

counterプラグイン - counterプラグイン - 1つずつ大きくなっていく番号がついたページを自動的に作成

PictureUpload

http://d.hatena.ne.jp/jishiha/20040610#p3 で書いた手前、写真をお手軽にアップロードするツールを公開しておく。

PictureUpload

とはいってもこのツール、他のツールをいろいろと組み合わせた上に、自分の環境に依存する部分(写真ファイルの名前など)がだいぶスクリプトに埋め込まれたままでとても汎用的なものではない。使用するには大幅なカスタマイズを覚悟の上で。

きちんと設定され動いている僕の環境ではとても快適に写真のアップロードがおこなえるようになった。GMail の使いやすいユーザーインターフェースに感化され、写真を Web サイトにアップロードし関係者(子供の写真を見てくれる家族・親戚)にメールで通知する、という「一連の手順をいかに少ないステップで終わらせるか」ということに工夫を凝らした。

「アップロードする写真の上で右クリック」->「送るを選択」->「作成したスクリプト(upload.pl)を選択」->「写真に関する説明を入力<リターン>」->「アップロードする場合には何でもいいのでキー入力<リターン>」

この5ステップで終了。選択した写真はアップロードされ、入力した写真の説明とともに Web サイトに表示され、通知メールも自動で送られるようになっている。

このシステム(というほどのものではないが)を作った収穫は以下の2つの便利なツールを見つけたこと。

LFTP http://lftp.yar.ru/ミラーリングに使用)

BlatJ http://www.piedey.co.jp/blatj/ (通知メール送付に使用)

3mon の次のプロジェクト

休眠中の間、子供の写真を家族や親戚に公開している Web ページにどうやったら簡単にアップロードできるか、なんてことを考えていたりした。今は、自分で作った Flogman というツールを使ってメールからアップロードしているのだけれど、もっと簡単で手っ取り早い方法に変えようと思っている。完成したら、http://www.3mon.com/ の方に公開するつもり。

競読

その 3mon.com の成果第一弾が、「競読」。読書の競争、「競読」を支援するツールだ。「競読相手」のid:amatubu さんがいちはやく はてなダイアリー に書いてくれて、僕が言いたかったことのほとんどを代弁してくれている。

離れたところに設置された CGI 同士が連係して動くというところがミソ。

BLOG ツールに使われているトラックバック機能にヒントを得た。始めは、自分のサイトに設置した CGI を他人にも使ってもらい、他人の読書記録も自分のサイトに保存するという仕組みを考えていた。でもそれだとデータの管理やバックアップをちゃんとしないといけないし、他人が自分の CGI を使って暴走させられないようエラー処理などちゃんとしないといけない。それらがどうにも面倒に思えた。だったら、自分のサイトに設置した CGI は自分だけが使い、自分のサイトには自分のデータだけを保存しておけばいいや、自分の CGI やデータは自己責任で管理するのがいい、と考えたのだ。

本を人と競争して読むなんてことは、かなり特殊なニーズだ。でもこの「競読」ツール、ちょこっといじれば「人と競争してなにか目標を達成するためのツール」に早がわり。他の使い道を見つけ、使ってくれる人が現れるといいなと思っている。

独自ドメイン 3mon.com

独自ドメインを取得した。http://3mon.com、サンモン・ドットコムと読む。

3mon(サンモン)は「早起きは三文の得」のサンモンです。

早起きして作り出した時間に僕は好きなプログラミングをすることにしました。

このサイトはその成果を発表する場です。

以前から独自ドメインを取りたい、取りたいと思っていたが、今回背中を押してくれたのは、結城さんの ドメイン取得にあたって という文章。

いまネット活動をしている(しようとしている)方には、早めにドメイン取得を検討なさることをお勧めいたします。

メールマガジン「ハッカーへの道」

POPFile の日本語化を進めてきて、オープンソースプロジェクトってすごく面白いと思うので、その面白さを形にして伝えようと思い、メールマガジンを発行することにしました。

http://popfile.sourceforge.jp/hacker/index.html

このメールマガジンではPOPFile(日本語化に関する情報はここ)というオープンソースソフトウェアのプロジェクトに関わる中で僕が学んでいること、学んだこと、それからオープンソースソフトウェアの魅力を伝えていきたいと思っています。

毎週月曜日発行です。11月17日創刊予定。